【必見】ついにスマホのながら運転が厳罰化!影響は車だけでなく…?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

少し対策が遅いかも知れませんが・・・

ついにスマートフォンのながら運転の罰則を強化する方針となりました!

その影響はクルマだけに留まらず・・・?

スポンサーリンク

ながら運転の厳罰化

ながら運転 厳罰化
出典;gazoo.com

SNSなどでメールが届いた時やゲームを進めたい時など!

ついつい運転中でもスマートフォンを見てしまうことはありませんか?

現状ではあまりにもながら運転での事故件数が多くなってしまったため、ついに罰則が厳罰化する方針となりました。

具体的には、改正案としてはこのようになっています。

携帯電話などを操作して交通の危険を生じさせた場合の罰則について、現状の「3月以下の懲役または5万円以下の罰金」から「1年以下の懲役または30万円以下の罰金」に引き上げる。

30万円の罰金というのは、かなり大きいですね。

ここで「交通の危険を生じさせた場合なのだから、事故らなければいいんでしょ?」という甘い考えをしてしまう方!

ちゃんと対策は取られていますよ。

交通の危険を生じない場合ですと、このようになっています。

直接交通の危険を生じない場合でも、現状の「5万円以下の罰金」から「6月以下の懲役または10万円以下の罰金」に厳罰化する方向だ。

罰則がきちんとしていないと、ながら運転は抑えられないものなのでしょうか?

あまりにも時間がないという場合や緊急の場合であるとしても、「コンビニに停めれば良くね?」と考えられます。

いつから厳罰化されるのか具体的には決まっていませんが、ながら運転による交通事故はどのくらい増えているのでしょうか?

スポンサーリンク

ながら運転厳罰化までの流れ

ながら運転 厳罰化
出典;pixta.jp

改めて、ながら運転の厳罰化が進んでいるのは、年々ながら運転が原因で交通事故が増加しているためです。

昔と比べて現在では、スマートフォンはほぼ誰でも持っていると言っていいほどに普及されてきました。

そのため携帯電話をしようすることが原因の交通事故件数が、23年には1557件だったのが28年には2628件へ増加しました。

これに対してながら運転を防止するための対策アンケートを取ったところ、厳罰化と警察の取り締まり強化が50%以上となったため、今回の厳罰化に乗り切ったという流れですね。

さらなる厳罰化と自転車も規制

単に「ながら運転」を厳罰化するだけでは運転手の行動を変えるのに弱いとし、次のような恐ろしい声も上がりました。

街中の防犯カメラの整備や、取り締まられた際に運転手にスマホ提出を義務付けるなど、さらなる環境整備も必要だ」と訴えた。

街中にまで防犯カメラを設置し常に監視され続けるような状況になってしまっては、さすがにたまったものではありません!

このような状況にならないためにも、運転中にはスマートフォンをいじらないようにしましょう!

また、自転車も規制を強化するべきとの声も上がっています。

車だけでなく、自転車に乗っている時でも注意が必要です。

まとめ

ながら運転について、ついに厳罰化をしていく方針となってしまいました。

ながら運転による交通事故の増加が原因ですので、せめてスマートフォンの操作はコンビニに停めている時などにしていきましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする