【最新情報あり】佐野拓哉の顔画像は?ショベルカー事故の根拠の弱さ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
佐野拓哉 ショベルカー

大阪市で起きた悲惨な事故です。

佐野拓哉容疑者が運転していたショベルカーが歩道に突っ込み、児童が巻き込まれてしまいました。

佐野容疑者が供述した根拠は、責任逃れとしか受け取れないほどに弱いものでした…。

スポンサーリンク

事件の概要

大阪市のまだ見通しの良い時間帯に、その事件は起こりました。

佐野拓哉 ショベルカー
出典;news.tbs.co.jp

佐野拓哉 ショベルカー
出典;news.tbs.co.jp

佐野拓哉 ショベルカー
出典;news.tbs.co.jp

佐野拓哉 ショベルカー
出典;news.tbs.co.jp

大阪市生野区で、1日午後4時ごろ、歩道にショベルカーが突っ込み、11歳の女の子1人が心肺停止となるなど5人がけがをしました。

警察と消防によりますと、1日午後4時ごろ大阪市生野区桃谷の生野聴覚支援学校北側の歩道に、重機が突っ込んだと通報がありました。この事故で支援学校に通う小学5年生の11歳の女の子が心肺停止状態、別の同級生の女の子も骨折するなど重傷、ほかに11歳の男の子と引率していた41歳と45歳の女性教諭もけがをしました。

「顔が血だらけになって(子どもたちは)倒れていました」(目撃者)
「悲鳴とか泣き声が聞こえていたが会話にはならなかった。パニックだった」(目撃者)

警察によりますと、重機を運転していたのは付近で道路工事をしていた建設会社の社員、佐野拓哉容疑者(35)で、過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕されました。佐野容疑者が車道を東から西に進んでいたところ、何らかの理由で歩道に乗り上げたということです。

Q.事故が起こった際、子どもたちはどういう状況だったのでしょうか?

子どもたちは先生に付き添われて下校途中でした。支援学校の正門を出て交差点の角にいたところに重機が突っ込んできたということです。警察が詳しい状況を調べています。

出典;news.tbs.co.jp

被害者は聴覚支援学校の生徒だったとはいえ、引率者もちゃんとついていました。

学校が終わり、ようやく帰ることができると楽しみにしていた生徒達の気持ちと時間をまとめて奪ってしまった、悲惨な事故となってしまいました…。

それでは、具体的な事故原因は何だったのでしょうか?

事故原因

佐野拓哉容疑者は、取材に対しては以前は「信号が赤に変わった時に停止しようとしたが、アクセルとブレーキを踏み間違えた」とコメントしていました。

確かにアクセルとブレーキを踏み間違えたとなれば、タイミングを考えても歩道に乗り上げてしまう可能性は考えられます。

しかし、冷静に考えてみればおかしいところがありますよね?

そちらも踏まえて、入ってきた最新情報をもとに解説していきます。

最新情報の新事実

佐野拓哉 ショベルカー
出典;www.news24.jp/

明らかにアクセルとブレーキの踏み間違いが、今回の事故の根拠として弱すぎることを証明している事実です。

佐野拓哉容疑者が運転していたショベルカーは、そもそも最高速度が時速約15kmしかなく、ブレーキを踏みなおす時間は十分にあったのではないかということです。

ちなみにですが、クリープ現象の速度が大体時速4~10kmほどだと言われているので、そう考えると時速15kmがどのくらいかイメージしやすいかと思います。

以上のことから、今回の事故原因は踏み間違いではなく、佐野拓哉容疑者の不注意であることが可能性として濃厚となったわけです。

また、非常に残念ですが心肺停止状態だった11歳の井出安優香さんは亡くなりました…

一刻も早い事実確認をしていただき、佐野拓哉容疑者には然るべき償いをして欲しいです。

スポンサーリンク

顔画像は?

佐野拓哉 ショベルカー
出典;www.news24.jp/

佐野拓哉 ショベルカー
出典;www.news24.jp/

少しボヤけていますが、公開された顔画像です。

現状で佐野拓哉容疑者について分かっていることをまとめると、このようになります。

・佐野拓哉容疑者は35歳で、建設会社の社員である

・踏み間違いではない可能性が高いことから、原因はながら運転などの不注意である可能性

・大阪市内に住んでいる

ネットの反応

警備員の誘導にも問題があるように見えますが。子供達が後から来るのにそれをよく見ていないように映っています。しっかり誘導していれば防げた事故かもしれません。

出典;headlines.yahoo.co.jp

このてはアクセルとブレーキペダルの形状が違うので、まず踏み間違いなんてあり得ない、運転席に座ればよく解ります。

出典;headlines.yahoo.co.jp

そやろ?だからこんなトロい車で死亡事故起こす奴が異常や言うてんねん。
アクセル離したら直ぐ止まる車やし。

出典;headlines.yahoo.co.jp

前も見ずに スマホでもしていたのだろう。 きっと!!!”

出典;headlines.yahoo.co.jp

ちなみに豆知識ですが、仮に警備員の交通誘導に問題があったとしても、警備員が責任を問われることはありません。

交通を「誘導」するだけという位置づけにあたりますので、運転することによる全責任は運転手にあるという理屈からです。

本当のところは佐野拓哉容疑者にしか分からないですが、我々も運転中の不注意による事故には気をつけていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする