【必見】警察に職質されやすい特徴って?気になる基準を大公開!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

警察に職質されてしまうことはたまーにありますよね!

職質されてしまった時の時間をムダにしている感は本当に勘弁です。

それでは、警察に職質されやすい人の基準はどのようになっているのでしょうか?


スポンサーリンク

職質の基準は身だしなみ!

警察 職質 基準
出典;kakereco.com

警察に職質されやすい人は、身だしなみが「ミュージシャン風」の人と目線の動きが怪しい人となっています。

ミュージシャン風ですと分かりにくいので具体的に説明しますと、このようになっています。

長髪や金髪で頬がこけていてやせているなどは、薬物所持が疑われるためなのです。

ビジュアル系バンドを想像していただくとより分かりやすいかも知れません。

話しかけると「あっ?」という返しをしてきそうな人ですね!

特に若い方に多そうなイメージです。

実は歩行者だけでなく、車の場合でも職質されてしまうこともあります!

車の場合ですと、このような時に職質される可能性が出てきます。

「高級車なのに汚い」など、だらしがない車両もターゲットになりやすい特徴。なぜなら、覚せい剤などで心が乱れている、または窃盗車といった嫌疑がかけられるからです。

警察は、やはり結構細かいところまで見ておりますね…。

スポンサーリンク

職質されやすい外見

上述しました「ミュージシャン風」以外にも職質されやすい外見の特徴はあります。

一つは「目深な帽子とマスク」の人が疑われやすいです。

こちらは想像が付きやすいですよね!

さらにサングラスをかけてあげれば完全に変質者の出来上がりですからw

他には以下の方が対象になりやすいです。

「迷彩柄の服とアクセサリー」は武器など危険物所持の疑い、「大きなバッ

」は危険物所持&住居侵入が疑われるのです。

さらに「長髪または金髪」はまともな職業人ではないこと、「やせている」は

薬物常用の疑い、「上下の服の季節感がバラバラ」なのも同じく薬物常用が疑

われます。

上下の服の季節感がバラバラというのはなかなか難しいですね。

もともとファッションセンスがアレな方にとっては余計なお世話でしょうし…。

ファッションで疑われたら「じゃあ警察で俺のファッションを選んでくれ!」と言ってみるのもありかも知れませんw

外見から疑い声をかけたあとは、職質でじっくりと相手の不審なところを探っていきます。

ちなみにですが、東京のとあるところでは大きなバッグを持っているだけで職質される確率が大幅に上昇するそうです。

サバゲーに向かう途中で職質されると、色々とめんどくさいことになりそうなことが想像できます!

まとめ

第一印象が大事とは言いますが、職質もパッと見で判断されてしまうのですね!

見た目だけで判断されることは本当に多いので、より意識してキレイにみせるのもいいかも知れません。

こちらも合わせて読んでみると、面白いかも知れません…。

関連記事はこちら!
【納得】警察の職質時の返答がダイナミックすぎて吹いた(笑)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする