【マジギレ】NHK受信料がなぜか合憲に!値段高すぎでもはや悪夢…

恐ろしい判決が下りました。

なんと最高裁で6日、NHKの受信料制度が合憲との判断がされました!

ついに、国民の支払いの義務が一つ増えてしまったようです・・・

スポンサーリンク

受信料の支払い

NHK 受信料
出典;pixta.jp

最高裁で決まってしまったものはどうにもなりません。

諦めて今後考えていかなければならないことをまとめます。

まずどの範囲で支払いの義務が生じるかについてですが、これはテレビを設置して以降の分の全額を支払わなければなりません!

すでにお支払いいただいている方は大丈夫だと思いますが、NHKによると未契約世帯は900万件以上とされています。

大体10人に1人くらいは大打撃を受けるイメージですね!

今後は今回の最高裁の判決により視聴者が受信契約を拒否することができなくなり、もしNHKに裁判を起こされたが最後、視聴者は敗訴することになります…

受信料金

具体的な受信料金がどのくらいなのか、以下にまとめます。

 NHK 受信料
出典;pid.nhk.or.jp

公式サイトからの引用で、2017年12月6日のものです。

これは・・・例えば10年分支払っていなければ約20万円分の請求が一気に来ると考えて良さそうですね・・・。

実際にどのように請求が来るのかなどはまだ具体的には不明ですが、心構えとお金の準備だけはしておいた方が良さそうです。

スポンサーリンク

受信契約の回避?

受信契約を回避する手段はあるのか?と疑問に思われると思います。

ここからは考察であり、絶対ではないのでご了承をお願いします。

あくまで「絶対に払わないぞ!」という方のための気休め?の考察です(笑)

放送法によれば

協会の放送を受信することのできる受信設備を設置した者は、協会とその放送の受信についての契約をしなければならない。

とされています。

つまりテレビなどの放送を受信できるものが家に1つでもあれば契約の義務が発生すると読み取れます。

さらには

『放送の受信を目的としない受信設備(中略)については、この限りでない。』

とも記載されており、報道によると

一方、携帯電話のワンセグ機能をめぐる訴訟では司法判断が分かれており、受信料をめぐる論点は今後も残されている。

とのことです。

結論としてはテレビを手放してPCモニタに全力を出してもらえば回避はできそう?・・・ですね。

アンテナともお別れしなければならないかも知れません。

よほどテレビを観ない方ならいいかも知れませんが、回避方法がなかなか難易度が高いですね・・・。

どの道支払わないとNHKが地獄の底から追いかけてきますので、細かい部分が気になる方は直接NHKに問い合わせるしかないですね・・・。

「受信料支払わなくていい状況ってあるんです!?」って(笑)

コメントとまとめ

・そんなんだったらもう税金にしてくれよ |

・おいおい。双方の合意をもって契約なんじゃないの?

・例え合憲でも「払わんかこら~」と罵声を浴びせたり、放送法を省略して説明するのは違法です。

納得できない方が非常に多いことが予想される今回の最高裁での判断。

ボソっと言ってしまえば、別にNHKが観られなくても問題ない方もいるのですから選択の余地くらいは与えて欲しいものですね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする