【映画】カンフー・ヨガを人文字でPR?ゴールデンボンバーの本気!

11月21日に行われたジャッキー・チェン主演の映画「カンフー・ヨガ」のPRイベントでの出来事。

あのゴールデンボンバーが今度は人文字になってイベントを盛り上げました!

いったいどのようなパフォーマンスだったのでしょうか?

スポンサーリンク




人文字は全身タイツで表現された!?

今回見せてくれたパフォーマンスは、ゴールデンボンバーの名の通り金色の全身タイツを身に纏い、タイトルの「カンフー」4文字を表現するという面白おかしいパフォーマンスでしたw

具体的には鬼龍院翔さんが「カ」、喜矢武豊さんが「ン」、歌広場淳さんが「フ」、樽美酒研二さんが「-」を表現することになり、これを自分たちがタイツを着て文字になるというものですね!

文章で読むだけでも結構ヤバい感じが漂っておりますね・・・。

実際の画像はこちらです。

ゴールデンボンバー カンフー・ヨガ
出典;www.sankei.com

樽美酒さんだけ難易度がとんでもないことになっています。

実は樽美酒さん、SASUKEにも出演するほどに体を鍛えられております。

そんな樽美酒さんでも断念してしまったらしいんです、この「人間鯉のぼり」・・・

マネはしない方が良さそうですね・・・!

おそらく腰がやられます(笑)

それから「ン」の喜矢武豊さん、笑顔がたまりません♪

最後に一言・・・カンフーに見えな・・・くもないですねw

カンフー・ヨガを絶賛!

鬼龍院翔さんは実はジャッキーチェンのファンのようで、イベント当日はこのように語っておりました。

「ジャッキーさんがめちゃくちゃ動くんですよね。そこが嬉しいしジャッキー映画らしさが感じられる。」

歌広場 淳さんのコメントは、

「ワイルドなスピードのカーチェイスがあったり、ジョーンズでインディな遺跡のシーンがあったりと、エンターテインメントのいいところだけをもってきたらこうなるんだなと。」

このように語っておられました!

エンターテインメント性の高いゴールデンボンバーからみても、このような評価をされるカンフー・ヨガ。

エンターテインメント要素も十分にありそうですね!

私も観たくなってきました♪

スポンサーリンク




カンフー・ヨガ、気になる映画の内容は?

考古学者にしてカンフーの達人ジャック(ジャッキー・チェン)は、失われた財宝を探すため、同じく考古学者にしてヨガの達人のインド美女・アスミタと共に大冒険へ出る。

大まかなストーリーはこのような感じです。

ストーリーの流れは、物語の「謎」を上手いこと残しながらそれをジャックたちが追っていくというもの。

手がかりは1枚の古い地図のみ。財宝の秘密を握る「シヴァの目」とは。

同行しているアスミタには実は秘密が・・・。

果たしてジャックたちは無事に財宝に辿り着けるのか?と、このように先の読めない真実が次々明らかになっていく作品です。

結構面白そうですね!

まるでRPGをプレイしているようでもありますね!

まとめ

PRイベントで「人文字」という全力パフォーマンスができるゴールデンボンバーからも絶賛されるほどの映画「カンフー・ヨガ」。

12月22日に公開されますので今からとても楽しみですね!

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする