川口貴士の顔画像は?髙山啓希のヘリ墜落、小5女児の状態、現場画像は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高山啓希 ヘリ

非常に悲惨な事故が起こってしまいました。

なんと陸上自衛隊が操縦していたヘリが一般住宅に墜落してしまったというのです!

どれほどの被害が出てしまったのでしょうか…

※2018年2月6日 追記あり

スポンサーリンク

事故の概要

佐賀県神埼市の一般住宅にて、突然の出来事が起こりました。

川口貴士 ヘリ
出典;mainichi.jp

5日午後4時43分、佐賀県神埼(かんざき)市千代田町嘉納の民家に陸上自衛隊のAH64D戦闘ヘリコプターが墜落し、炎上した。

佐賀県警などによると、現場は市立千代田中部小学校の北東300メートルで住宅や小屋の計3棟が焼けた。

ヘリの乗員2人のうち副操縦士の高山啓希・1等陸曹(26)が焼け跡から心肺停止状態で見つかり間もなく死亡が確認された。

残る機長の斉藤謙一・2等陸佐(43)の所在を捜索している。

また、墜落で燃えた住宅に1人で留守番していた小学5年の女児(11)が右足打撲などの軽傷を負った。

出典;mainichi.jp

幸いと言っていいのか、一般市民への被害は小5女児の軽傷のみで済んだことが僥倖です。

陸上自衛隊は本来は国や国民を守る機関であるのに、一般市民に死人を出してしまったとあれば、その面子が丸つぶれとなってしまいます。

それにしても、一体何が原因で墜落してしまったのでしょうか…。

墜落原因は?

現状で判明していることは次の通りです。

飛行中に部品が落下していたとの目撃情報があり、陸自は、機体にトラブルがあった可能性もあるとみて、高田克樹・陸上幕僚ばくりょう副長を委員長とする事故調査委員会を設置し、原因究明を始めた。

出典;www.yomiuri.co.jp

佐賀地方気象台によると、この日の佐賀地方は強い冬型の気圧配置で強い風が吹きやすい気象状況だった。

事故前の神埼市には大雪、低温、乾燥の注意報が発令されていた。

事故現場から約7キロの佐賀地方気象台では5日午後2時20分過ぎに北西の風14・5メートルを観測。雪も断続的に降り続いていたという。

出典;mainichi.jp

調べたところ、どうも部品が落下したことと、当日の気象が関係していそうな雰囲気です。

※追記

新たな情報です。

防衛省によると、事故機は50時間飛行するたびに受ける定期整備後の点検飛行中に墜落した。整備ではローターの4枚の翼と回転軸をつなぐ「メインローターヘッド」という部品を交換したという。この部品は整備規定で1750時間の飛行ごとに交換が義務づけられており、陸自が保有する13機の同型機のうち、交換は3機目だった。

出典;mainichi.jp/

このことから、かなりの高確率で陸上自衛隊の整備不良が原因であったということが分かります。

また、「上空に機体を見つけた時にはすでにメインローターが外れていた」と目撃者による証言も入ってきました。

今回の事故は不運に不運が重なった結果起こってしまったものです。

操縦者としても、いきなりメインローターが外れてしまっては気が動転してしまい、操作を誤りと言いますか、正しい操作などできるはずもなく墜落してしまったということで今回の事故の流れが説明できますね…。

今回墜落してしまったヘリは、そんなに脆いものなのでしょうか?

こちらも見ていきます。

スポンサーリンク

墜落したヘリの詳細

今回墜落した「AH64D」というヘリの詳細がこちらです。

陸上自衛隊が導入している2人乗りの戦闘ヘリコプター。

米ボーイング社とライセンス契約を結んだ富士重工業(現スバル)が製造した。

通称名は「アパッチ・ロングボウ」。

全長約18メートル、重さ約10トンで主回転翼は約15メートル。

最高速度は時速約270キロで、給油なしで500キロ飛行できる。

主翼上部にレーダーを搭載しており、多数の目標を攻撃することができるなど、高い戦闘力を持つ。

出典;mainichi.jp

最高時速が約270kmということは、どう考えてもヤワな造りではないことは想像が付きます。

にも関わらず墜落してしまったのは、機体トラブルがあったためか操縦ミスかのどちらかであることが予想できますね。

事故現場は?

川口貴士 ヘリ
出典;mainichi.jp

川口貴士 ヘリ
出典;www.asahi.com

被害住宅は、残念ながら完全に崩壊してしまっています…。

機体の最高速度と被害住宅の状態から想像できるのは、とにかくとんでもないスピードで墜落したのではないかということです。

想像するだけでも寒気がしますね…。

今回の件に対するコメントがこちらです。

小野寺五典防衛相は一般の住宅にヘリが墜落したことに関し「大変申し訳なく、重く受け止めている。改めておわびする」と謝罪した。

出典;www.saga-s.co.jp

謝罪だけでなく、住宅に関する補償などはどうなるのでしょう?

もしも自衛隊から何も支援などがないのなら、普通に生活していただけなのに突然家を丸ごと壊されてしまったようなものです。

川口さん一家に対して、相応の対応をすることが陸上自衛隊としても筋を通すことに繋がると考えられるので、然るべき対応を祈っています。

顔画像は?

川口貴士さんの顔画像を調べてみましたが、公開されているものは見つかりませんでした。

またフェイスブックも調べてみましたが、同姓同名は見つかりましたが本人と特定できる材料はありませんでした。

気になる方はこちらをクリックしてみてください。

facebookの検索結果

最後には、川口さんはこのようにコメントしていました。

事故当時、この住宅には長女(11)が、隣接する両親宅には母親(69)がいた。川口さんは朝日新聞の取材に、「娘が無事で本当によかった。母がそばにいてくれてよかった」と語った。

出典;www.asahi.com

事故の規模を考えると、本当に川口さんの言うとおりですね。

突然ヘリが墜落してくるなど全く想像も付かないでしょうから、対処のしようもありません。

運良く助かってよかったです。

ネットの反応

亡くなられた方のご冥福を
お祈り致します。

出典;headlines.yahoo.co.jp

女の子の怪我が軽傷で良かったが心には深い傷を負っているかも知れない
ご家族や女の子の心のケアがしっかりして欲しい
それと同様に亡くなられた自衛官のご家族のケアもされる事を願っています。
防衛省、自衛隊には原因究明をしっかりして欲しいです。
日本を守れるはあなた方なのだから
最後に亡くなられた隊員の方のご冥福をお祈りします

出典;headlines.yahoo.co.jp

結局自衛隊でも米軍でも、それこそ民間機でも事故が起きるときは起きる。
重要なのはその時にやめろやめろでは無くどうしたら再発防止につながるかを議論する事だと思う。

出典;headlines.yahoo.co.jp

よく逃げたね。怖かったろうね。
田んぼが広がるところなのに住宅に堕ちるなんて、まったく操縦不能だったのだろう。
あってはならない事故だけど、亡くなった自衛隊の方のご冥福をお祈りします。

出典;headlines.yahoo.co.jp

亡くなってしまった髙山啓希さんのご冥福をお祈りします。

まだ見つかっていない斉藤謙一さんの無事も祈ります。

今後はどうかこのような事故が起こりませんように。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする