井本光巡査部長殺害の犯人の顔画像は?犯人の動機と事件の流れがヤバい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

非常に恐ろしい事件が起こりました。
2018年4月11日の午後8時ごろ、井本光(いもとあきら)巡査部長が彦根市南川瀬町の彦根署河瀬駅前交番で倒れているのが見つかりました。
犯人は、一緒に勤務していた19歳の巡査…?
詳細を見ていきます。

※追記あり

スポンサードリンク

事件の概要と動機

11日午後8時45分ごろ、彦根市南川瀬町の彦根署河瀬駅前交番で、
同交番に勤務する井本光(あきら)巡査部長(41)が、
頭と背中から血を流して倒れているのを同署員が発見した。
井本巡査部長は同市内の病院に搬送されたが、午後10時過ぎに死亡した。
傷痕から拳銃で撃たれたとみられる。
当時一緒に勤務していた男性巡査(19)が行方不明になり、
滋賀県警は、巡査が交番内で井本巡査部長を拳銃で撃った後、
パトカーで逃走したとみて行方を追ったが、愛荘町内で身柄を確保した。
出典;www.kyoto-np.co.jp

犯人と思われる19歳の男性巡査の身柄は既に確保されたようですね。
これで一安心・・・なのはいいのですが、
彼が犯人と仮定するとして、以下のことが予想できます。

・井本巡査と同部署であったため、日ごろの井本巡査への我慢が限界を超えた?
・凶器が拳銃ということから、偶然に偶然が重なった誤射によるもの?(これは考えにくいですが)
・井本巡査に恨みを持った集団が、19歳の若い巡査を脅していた?(お金が絡んでいるかも!)
・19歳の巡査個人的に、井本巡査に対して何か大きな因縁があった?

このようなところです。
個人的には、19歳という若さで拳銃を持たせるのは早いのでは?とも思います。
何にしても、日本で拳銃を使い殺人事件を起こしていたとしたら、
本当にとんでもないですよね…。
警察だけが持つことを許された、
守るための拳銃が殺人に使われてしまうなんて、
悲しすぎますよね…

井本光のプロフィール

・名前 井本 光(いもと あきら)
・住所 不明
・職業 警察(巡査部長)

井本光さんについて判明していることは以上です。
他にも何か情報があるかと思い、
フェイスブックも調べてみたところ、
同名アカウントは見つかりましたが本人と特定はできませんでした。
気になる方は見てみてください。

facebookの検索結果

スポンサードリンク

井本光の顔画像

井本光さんの顔画像は公開されていませんでした。
また、容疑者の19歳の巡査の画像もまだ公開されていません。

これらについては、何か情報が公開され次第追記していきます。

事件現場

19歳
引用;www.kyoto-np.co.jp

こちらが現場の交番で、場所がこちらです。

周りは見晴らしが良さそうです。

駅も近いのに発砲とは、中々ハデにやらかしていますね。

事件の時系列

確定ではないですが、現段階で分かっていることをまとめてみました。

・19歳の男性巡査は、2017年4月に採用された。
・今年の1月29日より、井本光巡査部長と同じ部署へ。
・この2ヶ月少しの間に、井本光巡査部長と19歳の巡査の間に、何かが起きた?
・何かが起きた結果、井本光巡査部長が拳銃で殺害されてしまうことに…
・19歳の巡査が一時行方不明になったが、無事に身柄は確保された
・現在は警察が事情聴取中

このような感じです。
1月29日からの2ヶ月足らずで、
拳銃で殺害してしまうほどに溜め込むというのは少し考えにくいのでは?という気もします。
やはり上述しましたように、何か外部の力でも働いているのでしょうか…。

こちらも何か情報が分かりましたら、追記していきます。

追記

新たな情報が分かりました。

井本光巡査部長は、拳銃で頭部を最初に撃たれてしまったようで、19歳の巡査は叱責されたことを理由に犯行に及んだことが分かりました。

また、被害者側の映像は公開されていたのですが、

加害者側は公開されませんでした。

これも少年法の影響なのかも知れませんが、

多くの方は納得がいかないかも知れません。

警察官でも、まずは拳銃を最初から持たせるのか、あるところまで昇進してから持たせるのかなどを改めて検討してみる必要があるのかも知れませんね…。

ネットの反応

同僚というより上司と部下。
何かあったのでしょうね。

出典;ヤフーニュース

19才?警官になったばかり?いじめかパワハラか?
仲良くしなければと思う。2発も打つって余程の事。大変な事件。

出典;ヤフーニュース

ネットではこのような意見が見られました。
やはり二人の間のみで何かあったという意見が多いようです。

拳銃を使うにしろ使わないにしろ、殺人は日本では最も重い罪です。
犯人が特定されましたら、罪を償い、
やってしまったことの重みをしっかりと背負って生きて欲しいものです…。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする