【現場画像あり】井上由吉、詐欺で事故の加害者に!手口と顔写真は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自身の車を使った巧妙な手口での詐欺です。

井上由吉被告はこの手口を使い、これまでに金銭を巻き上げていたようです。

一体どのような手口なのでしょうか。

スポンサーリンク

事件の概要と手口

井口由吉 手口
出典;www.nishinippon.co.jp

車の運転中に事故を起こしてしまったら、冷静ではいられなくなります。

今回の事件で井上由吉被告たちが使った手口は、その心理を巧みに利用したものでした。

捜査関係者によると、9人のうち5人がワゴン車に乗車し、駐車場を周回。運転席から見えない「死角」が後方にできている車を探し、その車のバックランプが点灯すると、自車を近づけて故意に衝突させる手口だったという。

ガツン-。同県飯塚市内の駐車場で60代男性が軽乗用車をバックさせ始めたところ、何かにぶつかったような鈍い音が響いた。2016年3月上旬のことだ。

発車前にサイドミラー、バックミラーに何も映っていないのを確認したつもりだった。車外に出ると後方に、車体に多数の傷がある他県ナンバーの白いワゴン車があり、若い男3、4人が降りてきた。

「膝打った」「おいちゃん、どしたん」「携帯のガラスが割れたけ」。男たちは声を荒らげなかったが、自分たちは「被害者」で、男性に責任があると心理的に追い込むような言葉を続け、警察に通報した。男性は相手にけがをさせてしまったと思い込み、なぜ事故に至ったのか、冷静に考えられなかったという。

この後に60代男性に責任があるかのような言葉を若い男たちが言い続けたのち、警察に通報しました。

男性は相手にけがをさせてしまったと思い込み、なぜ事故に至ったのか、冷静に考えられなかったという。

若い男たちは事故を起こしてしまった時の焦りは理解できるようですが、詐欺をしてしまうことに関しては無頓着のようです。

目先のお金に目が眩んだ結果、逮捕されることになりました。

事件の要点

・駐車場での手口は事故した時の心理を利用した巧妙なもの

・飯塚市伊岐須の元暴力団組員、井上由吉容疑者(56)をはじめとした9人が詐欺容疑で逮捕

・被害男性は車の修理代のみで済んだ

以上が一連の流れです。

詐欺の手口が駐車場だったのは、できるだけ自分たちの車を傷つけずに何度も利用するためだったこととやりやすかったことが予想できます。

スポンサーリンク

犯人の顔写真は?

井上由吉容疑者の顔写真について調べてみましたが、特定できるものが見つかりませんでした。

フェイスブックも調べてみましたが、さすがに犯人と分かるものは見つからず…。

見つかり次第追加していきます。

現場画像

井口由吉 駐車場
出典;www.nishinippon.co.jp

こちらが詐欺の手口に使われた駐車場です。

車の間隔は多少空いていますが、見通しが良いので詐欺がしやすかったのではと予想ができます。

ネットの反応

今じゃ保険の履歴で、同じ請求者が何回か似たようなことをしていると、すぐわかりそうなもんだな。

福岡で免許を取ると周りから口酸っぱく「筑豊ナンバーには近づくな」って言われる理由がコレ

バックが苦手な人って頭から突っ込んで駐車する人が多いけど、バックで入れて前進で出た方が簡単なんだよね。
バックが苦手ならこそ、バックで止めた方がいい。

気をつけたいと思います(~_~;)
駐車場は小さい子供とかもちょろちょろしてるので本当危険がいっぱい。

今回の手口は保険金を目的とし、事故をした時の心理をうまく利用したものでした。

運転に慣れてしまっているのでなかなか気をつけることは難しいかも知れませんが、詐欺の可能性を頭にちらつかせておくと対処できるかも知れません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする