平尾龍磨の出身は?逃走場所は国外!?脱獄した動機は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛媛県の刑務所から脱獄した平尾龍磨容疑者
平尾容疑者は、最終的にどこまで逃走するつもりなのでしょうか。

もしかしたら、国外まで視野に入れているのかも知れません。
事件を振り返りながら、見ていきます。

スポンサードリンク

事件の概要

愛媛県の刑務所施設から受刑者の男が脱走した事件は、発生から15日で1週間となり、住民は不安を募らせている。

窃盗に遭った被害者は「鍵かけたかとか、閉め忘れはないか」、「音がしたらあっと思って目が覚める。あまり熟睡ができなくなった」、「腹は立っていますよ」と話した。

平尾龍磨容疑者が潜伏しているとみられる広島・尾道市の向島では、警察が980人体制で行方を追い、また、住民も警察と協力して地元の空き家などを中心に見回りをした。

警察は延べ6,600人を動員し、捜索にあたってきたが、いまだ発見には至っていない。

16日も引き続き、警察は650人体制で島の北部を中心に捜索する予定。 (テレビ新広島)

出典;www.fnn-news.com

現在650人体制で捜索しているにも関わらず、
見つからないということは平尾龍磨容疑者は中々上手に逃げているようです。

ですが、近隣住民にとってはたまったものではありませんね。

早く捕まって欲しいと願う方は多いでしょうから、
警察も発見を急いでいるところが伺えます。

平尾龍磨の出身は?

公開されていた情報によると、
平尾龍磨の出身は「福岡県直方市」となっています。

ただ、こちらの情報は確定ではないため、
100%ではないことをご了承ください。

平尾龍磨の逃走場所は?

警察がこれだけ捜しても平尾龍磨容疑者の居場所が見つからないのは、
もしかしたら国外逃亡しているのでは?という声もありました。

ですが、国外逃亡の可能性は低いのではと考えます。

国外逃亡するにはパスポートの発行が必要ですが、
この時に顔写真や個人情報でバレてしまうというすさまじいリスクがあるからです。

現段階でパスポートを所持していても、出国審査をするところには既にマークされているでしょうから、ここで間違いなく逮捕されてしまうでしょう。

上手くやり過ごすか、外国船に紛れ込むかくらいしか方法は無さそうですが、
その可能性は確率的に限りなく低いでしょう。

まだ広島県内にいるとして、人の多い場所に紛れる可能性もあります。

この場合、確かに隠れ場所としてはアリかも知れませんが、
今では平尾龍磨容疑者の顔は公開されてしまっています。

むしろ住民の誰かが気づく可能性もありますので(近隣住民は特にマークしているでしょう)、この方法もリスクは高そうです。

このことから、おそらくまだ平尾龍磨容疑者は広島県の発見されづらい場所に潜伏しているでしょうから、警察が650人もの人員を割いて捜索しているということですね!

スポンサードリンク

平尾龍磨が脱獄した動機は?


引用;www.fnn-news.com


引用;www.fnn-news.com


引用;www.fnn-news.com

平尾龍磨容疑者は、塀のない刑務所に収容されていて、模範的とされた受刑者だけが入ることを許可されます。

とはいえ、塀がないというのは愚策のようで、
これまでにはおよそ20人ほどが脱走しているようです。

平尾龍磨容疑者が脱獄した動機については、まだ公開はされていません。

ですが、収容されていた刑務所の脱獄者の動機が「家族に会いたい」というものだったそうです。
平尾龍磨が逮捕されれば真相は分かるでしょうが、現状で予想できるのは同じ「家族に会いたい」という理由なのではないかと考えられます。

平尾龍磨のプロフィール

・名前 平尾龍磨(ひらおたつま)
・年齢 27歳
・住所 不明
・職業 受刑者

事件の時系列

・平尾龍磨が窃盗などの事件を起こして、松山刑務所に服役。
・2018年4月8日の午後7時5分ごろに、松山刑務所から受刑者が脱走したと110番。
・8日の午後7時10分ごろ、平尾龍磨は車を盗難し逃走。
・およそ1時間半後に、広島県尾道市の向島の駐車場にて車のみ発見。
・ここから足取りが掴めず、行方不明になっていることから付近に潜伏していると可能性がある。
・現在も、広島県尾道市の向島を全力で捜索中。

ネットの反応

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする