【衝撃】あおり運転にも対応?ドライブレコーダーが意外に優秀!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近運転手の中で注目が集まってきているドライブレコーダー。

交通事故の時などに活躍するのはご存知と思いますが、あおり運転にも十分に対応できます。

ドライブレコーダー、その威力とはどれほどのものなのでしょうか?

スポンサーリンク

あおり運転による死亡事故

あおり運転 ドライブレコーダー
出典;blog.fujitv.co.jp

まずドライブレコーダーがどれほど役に立つのか、実際に起きた事故をもとに説明していきます。

上の画像の右上にもチラっと書いてありますが、2017年6月に東名高速道路でとある夫婦が乗るワゴン車を追い越し、車線変更や幅寄せなどを執拗にし停車させて死亡事故を誘発させたという事件がありました。

犯人は石橋和歩被告(25)で、警察が特定する上で役に立ったのがドライブレコーダーだったということですね!

ドライブレコーダーが無ければ特定に時間がかかったか最悪特定できなかったでしょう。

夫婦はどちらも亡くなってしまっていますから・・・。

それにしても本当に救いようのないガキですね。

もう車に乗らないで欲しいものです。

というのは置いておきまして、ドライブレコーダーは立派な「証人」になってくれます!

それでは具体的なあおり運転対策を見ていきましょう!

もしあおり運転をされたら

あおり運転をされてしまったら、あおり運転手だけでなくこちらまでイライラしてしまいますよね。

ですがあおり運転の一番の対策は「道を譲る」ことです。

あおられた←じゃあこっちもやってしまっていいよね?ではなく、とにかく道を譲るか相手の気が済むまで無視を決め込んでください。

それでもダメな時の最後の手段としてドライブレコーダーが出てきます!

動画を録画していることが相手に伝われば、「警察が出てくる可能性がある」と思わせることができます。

そうなればもうこちらの勝ちです!

相手はおとなしく引き下がるでしょう。

このようにドライブレコーダーは様々な場面で活躍しているのですが、まだドライブレコーダーを調べたことがない方のために簡単なところから説明致します!

そもそもドライブレコーダーとは?

ドライブレコーダー
出典;www.yupiteru.co.jp

ドライブレコーダーをご存知でない方のためにまず簡単に説明致します。

ドライブレコーダーとは映像や音声を自動で記録できる車専用のレコーダーのことです!

価格は3000円~30000円くらいと差があり、どのような機能が付いているのかで変わってきます。

年々注目度が上がってきており、上記の事件で特に需要が上がったアイテムですね!

スポンサーリンク

ドライブレコーダーの活躍

まず第一に自分に非がないことの証明です!

相手の信号無視などが原因だった場合に、明らかな証拠が無ければこちらにも責任が問われてしまうことがあります。

さらには警察官が誤認検挙してしまった場合です。

これはどういうことかと言いますと、たとえばちゃんと一時停止したにも関わらず一時停止違反とされてしまった場合のことですね。

この時の理不尽なところは証拠が見つからない限りは言い逃れができないところです。

警察がこうだ!と言ったら最後・・・にしないために!ドライブレコーダーに録画されていれば無実の証明もできます!

他には相手の特定にも有効です!

たとえば当て逃げをされてしまった時です。

瞬時の事で自分だけでは車両を覚えたりなどは出来ないかも知れませんが、ドライブレコーダーに車両が録画されていれば特定できる可能性が大幅に上がります!

これだけ活躍の場があれば、車に取り付けない手はありませんね!

まとめ

いかがでしたか?

ドライブレコーダーの活躍場所は意外と多いと思いませんでしたか?(笑)

取り付けていればこんなことには・・・と後悔しないためにも、今のうちに設置しておくといいかも知れませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする