【機械かお札か?】機械にお札を入れて戻ってきてしまう原因を検証!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
お札 戻る 機械

例えば自動販売機でジュースを買うときに、たまーにお札が帰ってきてしまう時がありますよね?

お札の反抗期か自動販売機がストライキしているのか(笑)

これを知っておけば即座に対応できるかも!?

スポンサーリンク

お札が戻ってしまう原因と対策

お札 戻る 自動販売機
出典;modernfart.jp

自動販売機を例に挙げますと、すぐにでもジュースを飲みたい時にお札が戻ってくるとイライラしますよね!

そして戻ってきたお札に対して、大体の方はピンとお札を伸ばしてから再び自動販売機にお札を入れられませんか?

そしてまた戻ってくるパターン(笑)

ですがここで考えてみてください。

お札をピンと伸ばすという行為は、誰かに正しいと教えてもらいましたか?

・・・・・

・・・

そうですよね、無意識にお札を伸ばすことによってお札を読み込んでくれると勘違いしていますよね。

いつの間にかお札を伸ばすと自動販売機に入ると認識していたのではないでしょうか?

このやり方ではお札が入らない原因を撃退できないので、まずは原因について解説していきます!

お札が戻ってしまう原因その①

お札が戻ってしまう原因は二つあります。

一つは、お札が汚れていることです!

100円玉などの小銭に関しては汚れているという認識があると思いますが、実は小銭の汚れと同じ理由でお札も汚れているのです!

つまりお札の汚れの理由の大半は、人の手が触れることによるものです。

お札が汚れてしまうことにより、自動販売機などの機械のセンサーがお札を認識できなくなるということですね。

機械のセンサーはこのように認識しています。

お札の色、模様、透かし、長さ、磁気の5項目で判定するため、手の脂が多く付着すると、色、模様、透かしが認識できなくなるという。

お札の色や長さまで識別していたとは意外ですねw

これならばお札の汚れで機械が認識できなくなることも納得ですね!

スポンサーリンク

お札が戻ってしまう原因その②

お札 戻る 自動販売機
出典;koudiscus.blog.fc2.com

もう一つは、水分を含むことによってお札自体のサイズが変わってしまうことです!

これは少し想像が付きにくいかも知れませんので、例を挙げてみます。

例えば夏にズボンのポケットに、お札を入れたサイフを入れておくと汗が染み込んできてお札に影響が出てしまう可能性が考えられます。

お札は紙で出来ているので、濡れてしまうと縮んでしまいます。

そのためサイズが縮んでしまい、センサーの5項目のうちの「長さ」にエラーが起きてお札が戻ってきてしまうということですね!

お札が戻ってしまう対策

お札 戻る 自動販売機
出典;www.i-ori.jp

原因が分かれば後は対策をするのみです!

お札が汚れていることの対策は、やはり汚れをキレイにすることです!

ですが、それでも100%お札を通すことはできません。

実際に対策をした結果がこちらです。

乾いた布で「入らない千円札」を拭いたところ、7枚中3枚が自販機に入った。

7枚中3枚ということは、約42%くらいの確率ですね・・・

皆様デキる紳士淑女ですので、もちろん普段ハンカチは持ち歩いていますよね?

今後はお札が戻ってきてしまったらハンカチで拭いてみましょう!

お札を伸ばして入れるよりは可能性が十分にありますので!

ただ、お札を拭いているところをオバちゃんに見られてしまうと、「やだ、何やってるのあの人」と思われてしまう可能性もありますが(笑)

ちなみにですが、サイズが変わってしまったお札に関してはどうにもなりません。

キレイにしても機械に通らなければ、潔く諦めるしかありません・・・

まとめ

いかがでしたか?

お札の汚れが原因なのは意外でしたよね!

今後お札が機械から戻ってきてしまうことがありましたら、思い出したときにでも社会的ダメージと引き換えに(笑)、お札をキレイにするのを試してみてもいいかも知れませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする