自動運転車に無料で乗れる?知られざるAI化のメリットすごい!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
自動運転車

我々の知らぬところで常に時代は動いているようです。

ついに自動運転車が実現する時が来たようです!

今まで自動で動く車の噂はよく聞きましたが、実際はどのようなものなのでしょうか?

スポンサーリンク

試乗する自動運転車の仕組み

自動運転車 バス
出典;www.itmedia.co.jp

今回試乗することができる自動運転車の仕組みについて解説致します。

得体の知れないものには乗りたくないですよね(笑)

どうやって障害物いわばモノを検地しているのかについてですが、これは車両に搭載したカメラとLiDAR(レーザースキャナー)を使っています。

同時にGPS機能を使って自車の位置を測位します。

こうすることによって、自車と自車以外の位置を両方測定し自律走行を実現したのですね!

その車こそフランスのNavya社製の「NAVYA ARMA(ナビヤアルマ)」なのです!

さらに細かい機能としては、ルートを事前に設定しておけば目的地まで自動走行可能であること。

設計上の最高速度は45km/hで、乗車定員は15名。

動力は電気のみのEVバスなのです!

環境面も安全面も考慮された設計になっていると読み取れますね。

これが広く普及してしまえばバス会社や鉄道会社が大打撃を受けてしまうかも?(笑)

自動運転車を無料で体験!

自動運転車 バス
出典;www.itmedia.co.jp

12月22日13時~16時に東京23区の丸の内エリアで行われる一般向けの試乗会で無料で乗ることができます!

もし事故してしまったら大変!と言う方もご安心下さい。

当日はばっちり交通規制を行い一般車両などが進入できないようにしてくれます。

ちなみに走行ルートは丸の内仲通りの「丸の内 MY PLAZA」前を往復するだけとのこと。

距離で言うと約200メートルなので、本当にすぐに往復できてしまう距離ですね。

ただこちらのイベントは完全予約制です。

イベントに参加したい方はホームページから予約を取りましょう!

スポンサーリンク

自動運転(AI化)による意外なメリット

例えばですが、全ての自動車が自動運転となったところを想像してみてください。

・・・いかがでしょう?

「不安でたまらない」と思いませんでしたか?(笑)

ですが自動運転が普及することによるメリットを知れば、今感じた不安は解消されます!

上記したセンサー+AIで自動運転が実現されるようですが・・・

ということで、自動運転のメリットを紹介致します。

・交通事故が減ります

むしろ増えるのでは?

そう思われて先ほど不安だと思われたのだと思います。

ではなぜ自動運転により交通事故が減るのか?

それは「交通事故の大半が人為的なミスによるものだから」です。

ここでピンと来た方もいると思います。

まず高齢者のアクセルとブレーキの踏み間違いが無くなりますよね!

そもそも自動運転車にアクセルとブレーキが付くのかは分かりませんが・・・

イライラしている方の暴走運転も無くなるかも知れません!

さらには仕事帰りの居眠り運転による事故も無くなり、知らない道の走行による事故も無くなります。

ちなみにですが自動運転車に搭載されるAIやセンサーは人間の反応速度をはるかに超えていますので、これらのことから事故のリスクが減り交通事故が減ると言うことができるのです!

・運転中でもご飯が食べられる!

自分で運転しないということは両手が空くということです。

つまり何でもできますね!

仕事帰りに寝ることだってきっとできるでしょう。

お菓子をバリバリ食べながらナビでテレビやDVDも見られるでしょう。

自動運転車にハンドルが付くのか分かりませんが、助手席の方に冗談で運転妨害される危険も無くなりますね(笑)

自動運転車の課題

もちろん現状問題点やデメリットはあるでしょう。

例えばもし交通事故が起こった時の責任問題や、万が一衝突しそうになった時のAIの判断などですね。

これらは実際に自動運転車による事故が起こってみなければ分からないでしょう。

実際に事故が起こってからどのような結果になるのか、どのような方針になっていくのか、その時の事故の状況などでも変わってくると思いますので、こういう言い方は嫌ですが事故のニュースを待つしかないでしょう。

ですが製品化される頃には機械的な問題はほとんど解消されていると考えていいと思いますので、今はメリットだけ把握しておいて自動運転が実現されるのを楽しみにしていましょう!

まとめ

いかがでしたか?

いち早く自動運転車を体験できるのは嬉しいですね!

自動運転車が普及される頃にどこまで進化しているのか楽しみですね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする